せんだいスポーツ映画祭カップ2019を観戦してきました!

気仙沼eスポーツ・サークルのよしペンです。

8月24日(土)、仙台市青葉区のせんだいメディアテークにて開催されたeスポーツ・イベント『ウイニングイレブン2019 スポーツ映画祭カップ(SSFF CUP)』に行ってきました。
このイベントは、世界のスポーツ映画を集めて一週間をかけて仙台市内各所で上映する「せんだいスポーツ映画祭2019」の一環として開催されたものです。

18時からの開始でしたが、ちょっと早めに1時間前に会場に到着。
ワンピース展も開催されていますが、今回は目的が違うのでスルーして、会場のメディアテーク1階のオープンスクエアに。

地元で小規模ながらeスポーツ・イベントを開催している身としては、会場の装飾や雰囲気、使用している機材、スタッフの人数などは気になってしまうところ。
このPSとモニターが一体化したジュラルミンケースは、運搬しやすくて便利そうですよね。欲しいです。

仙台に来たら「牛タン」を食べたいところですが、時間がなかったので、会場近くの松屋で夕食を食べて戻ったら、ちょうどイベントがスタートしました。
メインMCにNAOみちのくさん、ゲストMCにベガサポの峰麻美さんと元ベルマーレクイーン水波咲さん、さらにJesu公認プロゲーマー・まーさんの4人が登壇。

『SSFF CUP』は、地元招待選手として、ムラサキ選手、だい選手、TMY選手の宮城県のウイイレ界を引っ張る実力者3名と、オンライン予選を勝ち上がってきた、Jesu公認プロゲーマー・かつぴーや選手の4名によるトーナメント大会。
優勝者には10万円の賞金が授与されるということでした。

公開組み合わせ抽選の結果、セミファイナル第一試合は、ムラサキ選手とかつぴーや選手の対決。
ムラサキ選手が、師匠と仰ぐかつぴーや選手から得点を奪い会場が盛り上がるシーンはあったものの、開始早々に先取点を挙げゲームの主導権を握ったかつぴーや選手が2-1で師弟対決を制し決勝進出を果たしました。

セミファイナル第二試合は、TMY選手とだい選手。
だい選手が、早々と先取点を奪って主導権を握ると立て続けに追加点を奪い、前半終了時点で3-1。
盤石な試合展開かと思われた後半、TMY選手が1点を返すと、だい選手が浮き足立ってしまい、主導権を奪ったTMY選手が、2点ビハインド跳ね返して4-3の逆転勝利。会場も大いに盛り上がりました。

決勝戦は、先取点を奪えて楽になったというかつぴーや選手が、プロゲーマーとして貫禄を見せつける試合運びで、見事に『ウイニングイレブン2019 スポーツ映画祭カップ(SSFF CUP)』を優勝しました。
優勝したかつぴーや選手、おめでとうございます!!
素晴らしいゲームを魅せてくれましたムラサキ選手、だい選手、TMY選手の皆様も素晴らしいゲームを魅せて頂き、ありがとうございました。

本当に楽しい時間を過ごすことができまして、こうしたレベルの高いゲームをもっと見たいと思うし、多くの人にも見て貰えるようになればいいなと思いながら帰宅しました。

今回のイベントを主催したせんだいスポーツ映画祭実行委員会さんと、運営協力の仙台eスポーツ協会さんにも、素晴らしいイベントを開催していただき心より御礼申し上げます。
宮城はもとより東北の中心地である仙台にeスポーツ協会が結成されたことは、喜ばしい限り。
宮城のeスポーツ・シーンを、ともに盛り上げていきましょう!!