気仙沼市階上まちづくり振興協議会主催の「eスポーツ体験会」を開催しました

気仙沼eスポーツ・サークルのよしペンです。
8月18日(日)、気仙沼市階上公民館で階上地域まちづくり復興協議会福祉部会さん主催でe-スポーツ体験会を開催しました。

「ぷよぷよeスポーツ」や「ストリートファイターVAE」の大会では、大人と子どもが対戦したり、親子対決があったり、スマブの大会の決勝で男の子と女の子が対戦したりと、まさに老若男女が楽しめるというeスポーツの魅力を体現できて良かったです。
またストリートファイターを練習してきたという男の子が、準決勝で大人を相手にして負けてしまい悔しさのあまりに号泣するシーンもありました。
世界一のプロゲーマーである「ときど選手」も小さい頃にお兄さんにボコボコに負けてその悔しさから強くなったとのこと。
何かに真剣に取り組み、時には悔しさで泣く。という経験は、人間を大きくしてくれるのではないかと思います。

試遊体験コーナーには、「グランツーリスモSPORT」とハンドル&ペダルコントローラーを用意して、本格的なレースゲームを体験していただきました。
こちらには子供を連れてきた親御さんにもプレイしていただきまして、お孫さんの引率できた80歳のおじいちゃんにも体験していただき、楽しんでいただきました。

今回は、夏休みの宿題が終わった人が参加条件でしたが、終わってない人は夏休み中に終わらせるという約束をしてくれまして、みんなで仲良くゲームをして、夏休みの良い思い出となる一日となったのなら嬉しい限りです。

今回のeスポーツ体験会を主催した協議会の方からは、「性別や年齢、体格差、体力の有無や障がいの有無に関係なく同じフィールドで戦える。eスポーツの可能性が見えましたね」と、次回の開催も前向きに検討したいとのことでした。
「eスポーツを通じて世代や地域の枠を超えて交流を図り地域活性化に繋げる」という当サークルの目的の達成のため、こうしてに活動の場が広がっていくことは、大変うれしい限りです。
今回の開催でもご協力を頂きました、登米eスポーツ様、南三陸eスポーツクラブ様、この場を借りて心より御礼申し上げます。